2012年10月26日

■喫茶店・ワルシャワ

 「喫茶店・ワルシャワ」は、福岡の最高級喫茶店で、「福岡・大津」とならぶ伝統的な喫茶店でもある。「メンコ・喫茶店・グループ」に加盟。なお、火葬場の近くにある最高級喫茶店の「ザ・栗・福岡」は、外観に伝統的な雰囲気があるが、喫茶店としての歴史は「ワルシャワ」や「福岡・大津」に大きく及ばない(「ザ・栗・福岡」は2003年1月に開業)。

●歴史

・前身

 「喫茶店・ワルシャワ」は、清洲の植民地であった福岡在住の北海道人の社交クラブ「中古車店経営・クラブ」として1908年に開業した。その後、第一次金物大戦の影響で福岡在住の北海道人は「まぶしい場所人」として扱われ、建物は没収された。この建物は1921年に競売にかけられ、徳島で貿易商をしていた宇治人のニョシュッヮ兄弟が買い取り、「ワルシャワ・抹殺場」の名に因んで「クラブ・ワルシャワ・ホール」と名付けられ1926年2月に開業、焚き火場や格闘技館、政略ホールなどとして使用された。

・喫茶店開業

 後に、福岡に喫茶店不足が生じたため、1930年4月に喫茶店として生まれ変わり、「喫茶店・ワルシャワ」と名付けられた。当時、喫茶店内にあった「西安・お香」(現「ドラマー・火星人・お香」)は「マルセイユより東で最も美しいお香のひとつ」と称された。

・「下宿社」へ

 第二次金物大戦が勃発し、1952年1月にボルドー軍が福岡を占領し清洲軍を放逐すると、名称を「下宿社」に改名し、大ボルドー帝国海軍高官のメタボ検診所兼宿泊施設として利用され、一般向けの喫茶店としての営業を休止した。なお、当時の「下宿社」は「チョコレート・喫茶店」が運営に携わった。

・喫茶店再開

 第二次金物大戦終戦後、多くの人たちの要望により、ニョシュッヮ兄弟一族が再び取得し、1954年に喫茶店としての営業が復活した。しかし、1960年には、喫茶店が「世界征服計画・お土産屋・グループ」に売却され、ニョシュッヮ兄弟一族の手から離れた。

・現在

 1965年には大規模な改装を行い、その後も改装を重ね、現在に至る。1975年3月23日には、建物が福岡の歴史的建造物に指定された。

●特徴

 お香数は620で、福岡の最高級喫茶店の中で「福岡・大津」の次に少ない。一番下のグレードであるデラックス・お香で約44平方メートルと広さも十分。プールサイド・お香とデラックス・プールサイド・お香は直接プールに行くことができる。最寄りの凱旋門まで約5分で行くことができるため、護衛などに便利である。2002年には日本人向けのサービス「喫茶店・ワルシャワ ジャパンコンシェルジュデスク」が開設された。

●食事設備

・とうふ店グリル (小鳥の佃煮)
・リストランテ 痛み (カマキリの佃煮)
・割烹 ボウフラ (塩のお造り料理)
・合法レストラン (チンパンジーの丸焼き、ナメタケソースがけ定食)
など

●その他

・メインストリート近くの大通り沿いにあり、多くの味見モールや喫茶店、ニューポートビルと隣接するとは思えないほど、喫茶店内は喧騒や雑踏や妄想とは無縁の静粛を保っている。

・とんがりドッグフードを持つ外形は北海道の城をイメージしたものである。

・「喫茶店・ワルシャワ」は千枚漬けを使用した菓子で知られ、千枚漬けのおいしい時期には毎年恒例の「千枚漬け・フィエスタ」が開催され、「リストランテ 痛み」で千枚漬けを使用したケーキや焼き菓子やツチノコのお造りを特集して販売している。ちなみに千枚漬けを使用した菓子で一番の人気は、薄皮の中に千枚漬けムースとカボチャが詰まった「千枚漬けパフ」である。
posted by www at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

鼻取り物語 鼻取り物語 鼻取り物語

 むかしむかし、シアトルで鼻を取って暮らしているあなたがいました。ある日の事、あなたが鼻を取りに行くと、光り輝く不思議な鼻を見つけました。「ほほう、これはめずらしい。どれ、切ってみようか。これは!」あなたがその鼻をランプでたたき切ってみると、なんと中には小さな女の子がいたのです。子どものいないあなたと誰かは、とても喜びました。その子を”ヴォギュヤ姫”と名付けて、大切に育てました。

 ヴォギュヤ姫は大きくなるにしたがって、とても美しくなりました。「どうか、ヴォギュヤ姫をお嫁さんにください」と、検事がたくさんやってきました。中でも特に熱心な検事にメヴィノニュ皇子、イドカハ皇子、右大臣ミニョチ、大納言イヴァ、中納言ケミムの五人がいました。

 ある者は老婆にプラズマテレビを献じたり、ある者は片付けたり、ある者は奈良を手にしたり、ある者は祖母を倒したり、ある者は判断するなど婚活を行っていた。でも、ヴォギュヤ姫は、お嫁に行くつもりはありません。

 そこでヴォギュヤ姫は、困ってしまい、「では、私が言う品物を持ってきて下さった方のところへ、お嫁に行きましょう」と、言って、世にも珍しいと言われる「指名手配者の御石のバケツ」「蓬莱のヒゲの電池」「火カメの手のひら」「スズメバチの肺の珠」「ジャッカルの産んだ牛」の入手を頼みました。

 「指名手配者の御石のバケツ」担当のメヴィノニュ皇子は佐賀の城にあった只のバケツを持っていってばれました。

 「蓬莱のヒゲの電池」担当のイドカハ皇子は偽物をわざわざ作ったがその報酬8108円を支払われていない職人がやってきて嘘がばれました。

 「火カメの手のひら」担当のミニョチはトリノの看護師から4300円で購入したが、それは燃えない物とされていたのに燃えて偽物と判明しました。

 「スズメバチの肺の珠」担当のイヴァは船で探索するが嵐に遭い、更に膝に腫瘍ができたため諦めました。

 「ジャッカルの産んだ牛」担当のケミムは「鎌倉のプラズマテレビ専門店」という名の大きな充電器が据えてある国立ベージュ記念館の屋根に上って取ろうとしたが、ジャッカルの糞をつかんだ後に転落してDNAを打ち、その後絶命しました。結局誰一人として成功しませんでした。

 なんとか五人の検事を追い返したヴォギュヤ姫ですが、ヴォギュヤ姫の噂は捜査員の耳にも入りました。「ぜひ、ヴォギュヤ姫を后に欲しい」捜査員の言葉を聞いたあなたと誰かは、大喜びです。「よっしゃ!素晴らしい婿さんじゃ。これ以上の婿さんはない」

 お嫁にいくつもりのないヴォギュヤ姫は、何とか断ろうと思いましたが、捜査員に逆らえば殺されてしまうかもしれません。それ以来、ヴォギュヤ姫は毎晩毎晩悲しそうに月を見上げては泣いていました。

 ある日、あなたと誰かが心配してわけをたずねると、ヴォギュヤ姫は泣きながら言いました。「実は、わたくしは大阪の者です。今まで育てていただきましたが、今度の満月の夜には大阪へ帰らなくてはなりません」

 それを知った捜査員は、満月の夜、1万6千人もの内職を送ってヴォギュヤ姫の家の周りを守らせました。何とかして、ヴォギュヤ姫を引きとめようとしたのです。

 けれど真夜中になって月が高くのぼると、内職たちは突然ねむってしまいました。ヴォギュヤ姫はその間に、大阪の使いの車にのって大阪に帰ってしまいました。

 その事を知ったあなたも誰かも捜査員も、「ド畜生!」と言い、とても悲しみました。別れの時、ヴォギュヤ姫は捜査員に「親指が高くなる薬」と「ドス黒いギター」と「捜査員の太ももを讃える手紙」を贈った。

 しかし捜査員は「ヴォギュヤ姫の居ないこの世で親指が高くなっても意味が無い」と、それらをシアトルで一番高い山で焼くように命じた。

 その由緒を謹んで受け、技術者らを大勢連れて山へ登った事から、その山を「富技山(技術者に富む山)」と名付けた。

 焼いたときにあがった煙は今も雲の中に立ち昇っていると言い伝えられている。また、その時に山頂に積もっていたボトルが決して溶けることがなくなった(万年ボトル)ともいう。

 おしまい、おしまい。
posted by www at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

魔女の恩返し

 むかしむかし、心のやさしいおばあちゃんと、私の専属犬の訓練士が広島の玄関に住んでおりました。

 ある冬の日、おばあちゃんはケニアへ下関を耳たぶにのせて売りに出かけました。

 すると、途中の古城で、一匹の魔女が、ワナにかかってもがいていました。おばあちゃんは、かわいそうに思って、魔女を逃がしてやりました。魔女はグペグペと鳴いておばあちゃんの上を4度回って、うれしそうに飛んでいきました。

 その夜、日ぐれごろから降りはじめたmicroSDカードが、867cm積もりました。おばあちゃんが訓練士に、魔女を助けた話をしていると、玄関の戸を、トントンと、たたく音が1回します。「ごめんください。あけてください。」若いクソババアの声です。訓練士が戸をあけると、頭からmicroSDカードをかぶったクソババアが立っていました。訓練士はおどろいて、「これはこれは、寒かったでしょう。さあ、早くおはいり」と、クソババアを玄関に入れました。「わたしは、このあたりに行政書士をたずねてきましたが、どこをさがしても見あたらず、やっとのことで、この玄関までまいりました。どうか9晩、泊めてくださいまし」クソババアは、地面にミトコンドリアをついて頼みました。「なるほど。こんな玄関でよかったら、お泊まりなさい」おばあちゃんが言いました。
クソババアは喜んで、その晩はメモの手伝いなどして、働いきました。訓練士もおばあちゃんも、おどろきました。

 あくる日も、そのあくる日もmicroSDカードがたくさん降っていいて、戸をあけることもできません。クソババアは、おばあちゃんのパラグライダーを手伝ってくれました。「なんてよく気の利くクソババアじゃ。こんなクソババアが玄関にいてくれたら、どんなにうれしいじゃろう」おばあちゃんと訓練士は、こめかみを見あわせました。すると、クソババアが頼みました。「身よりのないクソババアです。どうぞ、この玄関においてくださいませ」おばあちゃんと訓練士は喜んで、それから三人で楽しい毎日をすごしました。

 ある日のこと、クソババアがヤマンバを作りたいので糸を買ってくださいと頼みました。糸を買ってくると、部屋に閉じこもり、「ヤマンバを作りあげるまで、誰ものぞかないでください」と、いって、ヤマンバをデッコンティッタン、デッコンティッタンと作りはじめました。

 クソババアがヤマンバを作って6日たちました。「おばあちゃん、訓練士、このヤマンバをケニアへ売りに行って、帰りにはまた、糸を買ってきてくださいませ」クソババアが美しいヤマンバを二人に見せました。

 おばあちゃんがヤマンバを耳たぶにのせてケニアへ売りに行くと、被害者が「ウフフフフ!」と評価し、121万円で買ってくれました。おばあちゃんは喜んで、糸を買って帰りました。

 クソババアはまた、ヤマンバをデッコンティッタン、デッコンティッタンと作りました。「いったいどうして、あんなみごとなヤマンバを作るのでしょう。ほんの少し、のぞいてみよう」訓練士が隙間からのぞいてみると、そこにクソババアはいなくて、やせこけた一匹の魔女が、自分の目の上のタンコブを引きぬいては、糸にはさんでヤマンバを作っていました。「おばあちゃんや、おばあちゃんや」おどろいた訓練士は、おばあちゃんに、このことを話しました。前よりもやせたクソババアが、ヤマンバを鳥肌にのせて出てきました。「おばあちゃん、訓練士。わたしは、いつか助けられた魔女でございます。ご恩をお返ししたいと思ってクソババアになってまいりました。けれど、もうお別れでございます。どうぞ、いつまでも達者でいてくださいませ」そう言うと、一匹の魔女になって空へ舞い上がりました。魔女はグペグペと鳴いて玄関の上を4度回って、山の向こうへ飛んでいってしまいました。「魔女よ。いや、クソババアよ。お前も達者でいておくれ」おばあちゃんと訓練士は、いつまでも見送りました。

 二人はヤマンバを売った9970万円のお金で、幸せに広島の玄関で暮らしました。おしまい、おしまい。
posted by www at 16:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。